リノベーションは、これからのライフスタイルを考えて行うことが大切

株式会社 IMKでは、数々の住宅のリノベーションを手掛けていますが、リノベーションは、今のライフスタイルはもちろんですが、それと同じくらいこれからのライフスタイルも考えて行うことがとても大切です。

実際に株式会社 IMKで携わったリノベーションの多くは、将来を見据えて行うケースがほとんどで、その将来と言っても、5年先、10年先とそれほど遠くない将来を見据えたリノベーションの提案を行っています。

特に、中古物件と言われている経年劣化によって建物全体はもちろん、間取りや使用している床材、壁紙など時代を感じさせてしまう空間となっている戸建住宅やマンションなどのリノベーションを得意としており、既存の雰囲気とはまったく異なる雰囲気に仕上げることができます。

中古物件や中古マンションをリノベーションして販売したいという場合は、魅力的な空間づくりと、使いやすさにこだわったリノベーションを施したり、そこに住む年齢や家族構成を意識したイノベーション、ターゲット層を絞ったリノベーションなど様々な目的に合わせて行うことも可能です。

リノベーションは、古い和室を洋室に変更したり、細かく仕切られていたお部屋を広い空間にするといった大幅な改装を行うことになりますので、新築住宅やマンションを作る感覚でぜひ株式会社 IMKをご利用くださいね。

お問合せはこちらから

 

詳細はこちら

原状回復工事は信頼できる業者を選ぼう!

現状回復工事を行う必要になった時は、信頼できる業者を選んで利用するのがおすすめ。株式会社IMKは、これまで数多くの店舗や住居、オフィスなどの現状回復工事を行っており、依頼されたお客様からも満足頂いています。

現状回復工事とは、店舗やオフィスなどを賃貸で借りており、退去する時に入居前の状態に戻す作業や、アパートやマンションのオーナーでは、入居者が退去した後にキレイな初期の状態にする工事のことを言います。

現状回復工事として行われることの多い、クロスの張替えや床工事などは、とても重要となる工事で、現状回復を行う空間をイメージづける決定的なものとなってしまうため、丁寧な仕上がりはもちろんですが、長期間良い状態を維持することができるように、クロスや床材の選定から慎重に行う必要があります。

細かな部分にまで目が行き届く現状回復工事を行うことができる会社として株式会社IMKは、多くのお客様に支持されていますので、これから現状回復工事を行わなくてはならないという場合や、行う予定があるという場合は、ぜひ一度お問合せください。

お問合せをいただくと、どのような手順で行われ、現状回復工事にかかる期間や費用の概算など気になることにもお応えすることができますので、気軽にご相談ください。

 

お問合せはこちらから

詳細はこちら

リノベーションで得られるメリットを紹介します

近年、テレビ番組などでも空き家活用といった題材で「リノベーション」という言葉を多く耳にするようになりました。

そのような極端な例ではなくとも、随分身近になった存在であるリノベーション。
興味を持っているけれどもなかなか踏み出せずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

株式会社 IMK 埼玉県を中心に様々なリノベーションを手がけてきました。

今回はリノベーションに興味がある方のために、リノベーションで得られる様々なメリットについてご紹介していきたいと思います。

リノベーションのメリットとして、最初にあげることができるのは対象となる物件を選ばずに行うことができる点ではないでしょうか。
一軒家にしか手を加えることができないと考えてしまう方も多いかもしれませんが、リノベーションの場合、マンションやアパートという状況であっても行うことができます。
当社もマンションやアパートでのリノベーションの経験を豊富に持っています。

次に挙げられるのは自分好みに自由に設計をすることが可能という点です。
リノベーションで得られるメリットの中で最も大きなものはこちらなのではないでしょうか。
リノベーションの場合、使用する素材から選ぶことができるケースもあり、新築注文住宅ではなくともライフスタイルに合った自分好みの設計を行うことが魅力です。

お問い合わせはこちら

詳細はこちら

リノベーションとリフォームってどう違うの?

近年、「リノベーション」という言葉が市民権を得て多くの場所で耳にするようになりました。
新しく建物を建設するのではなくもともとある建物に手を加えて、使いやすくするという意味合いを持っている言葉ですが、似たような言葉に「リフォーム」というものがあります。

このよく似た「リノベーション」と「リフォーム」どのような違いがあるのでしょうか。

どちらもよく似た言葉で明確な定義があるわけではありませんが、リノベーションは既存の建物に手を加えることによって新たな価値を生み出すという意味合いが強いようです。

例えば、古い家屋に手を加えることで耐震性を高めてより安全に住める状態にすることは建物に付加価値をつけることですので、リノベーションに当たると考えられます。

一方、リフォームの場合は建物の中で老朽化した部分を補修することで使いやすくするといった意味合いを持っているようです。
例えば、建物の老朽化が進んで立て付けが悪くなった扉を補修して、また新たに使いやすい扉に交換するということは建物のマイナス部分に手を加え取り除くことで価値を高めるということになりますのでリフォームに当たると考えられます。

あくまでもこの考え方は一例でほかにも考え方はありますが、リノベーションに興味を持たれた方はぜひご相談いただければと思います。

お問い合わせはこちら

詳細はこちら

原状回復工事のいろいろ

借りていたマンションやアパートから退去したり、オフィスやお店がテナントから移転する際に行われるのが原状回復というものです。
言葉は聞いたことがある方も多いかもしれませんが、一体どのようなものなのでしょうか。
物件から退去する際に借りていた物件を契約を行った当時の状態に戻しておくことが原状回復と呼ばれるものです。

個人であればマンションやアパートを退去する際に退去の立会いを行い、住んでいた際にできてしまった傷や汚れを確認します。
よほど大きな傷や汚れがなければハウスクリーニングなどで対処することができますが、状態が悪い場合は大掛かりな工事を行う可能性もあります。

また、オフィスやお店のテナントとして物件を借りていた場合、事業として使いやすいように手を加えたり新しく設備を導入したりということがあると思います。
そのような場合も、物件を立ち去る時には契約をした当時の状態に戻すために現状回復工事を行います。

例えばお店の雰囲気を変えるために壁紙を貼り直したり新たに間仕切りを作るなどした場合、それらを撤去しなければいけませんし、 新しく導入した設備なども撤去する必要があります。
ただし飲食店の居抜き物件などの場合契約時に設備が残されていることもあります。
その際は元からあった設備を残して他のものを取り除く必要があります。

原状回復工事にご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

詳細はこちら

メニューを開く