原状回復工事をする必要性やどのような工事をするかについて解説!

原状回復工事とは企業などがオフィスを借りていて、退去をするタイミング施工する工事のことです。

原状回復とは契約時と同じ状況にして退去することであり、原状回復ができていない状態で退去をすれば契約不履行としてトラブルに発展する恐れがあります。

賃貸契約では一般的には原状回復が賃貸条件に含まれているため、企業などで仕事がしやすいように整備したり、工事したりしている場合は原状回復のための工事をしなければいけません。

必要になる期間はオフィスの広さや、どれくらいの整備をしたかで異なりますが、一般的には1ヶ月程度は必要になると考えてください。

工事内容は企業側の都合で設置したパーテーションや、電気設備の撤去・必要な部分のクリーニングなど専門的な知識や技術が必要になる工事も多いです。

他にも内装面でクロスなどを貼り換えているのであれば、クロスを剥がす必要があるなど気を付けなければいけない点が多いため、自分たちで原状回復をするのは不可能でしょう。

整備をせずに使用するケースは極めて珍しいため、ほとんどのオフィスでは使いやすいように整備をしています。

株式会社IMKでは原状回復工事についても承っているので、どこに依頼すれば良いかについて迷っているのであれば、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

内装工事は具体的にどのようなことをする?内装工事のタイミングは?

内装工事は名前の通り建物内の工事をおこなうことであり、主に既に建築されている建物が対象です。

天井や壁のクロスを貼るなどがマンションなどではおこなわれる内装工事ですが、クロスなどには断熱効果や保温効果などもあることから担当者の経験や技術によって出来上がりに大きな差が生まれます。

建物の種類や使用目的によっても天井や壁のクロスに使用する素材は異なること他にも、内装の最終的な仕上がりなどによっても使用するクロスは異なるといえるでしょう。

内装工事のタイミングとしては建物を立てて基本的な構造が完了したタイミングで、顧客からの依頼に合わせて内装工事をおこなうことが一般的です。

他にも一般住宅であれば、クロスの寿命といわれている10年前後ほどで部屋の雰囲気を変更する目的と合わせて貼り換えをするケースもあります。

クロスの貼り換えはすべてを一気に施工するケースもあれば、部分的に施工するケースもあるなど、クロスの劣化具合などに合わせて変えられるのが特徴です。

内装をどこに頼むかで迷っている方は、付加価値を与えた高品質の施工を提供している株式会社IMKまでお気軽にお問い合わせください。

高い技術力と豊富な経験を活かして、満足度の高いプランニングを提供します。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

リフォームとリノベーションに迷ったらそれぞれのメリット・デメリットを考えてみよう

長く住んでいる住宅のリフォームを考えているけれど、リフォームよりもリノベーションの方がいいかしら?と迷ってしまった人のために、リフォームとリノベーションそれぞれのメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

まず、リフォームのメリットは、トイレや浴室、キッチンの設備の入れ替えや、内装工事として壁紙の張替え、フローリングの張替えなど、工事の期間が短めにすむことと、部分的な修繕工事となるため、どのようなリフォームが行われるのかのイメージがしやすい点です。一方、デメリットは、間取りの変更など大きな修繕・改修工事ではないため、自由度が低いことと、人気のスタイルなどデザイン性を取り入れるのが難しい点です。

リノベーションのメリットは、既存の内装スタイルにとらわれることなく自由に設計することができたり、ライフスタイルに合わせて住みやすい住環境を作ることができる点です。デメリットは、自由度が高い分、工事にかかる期間が長くなったり、費用が高くなる傾向にあることです。

リフォームとリノベーションのメリット・デメリットを理解したうえで、今どのような改修・補修が必要なのかを考えて選ぶようにすると納得のいくリフォームやリノベーションを行うことができると思います。

リフォームとリノベーションに迷ったり、具体的なことを知りたいという場合は、ぜひ一度お問合せください。

お問合せはこちらから

詳細はこちら

リノベーションは、これからのライフスタイルを考えて行うことが大切

株式会社 IMKでは、数々の住宅のリノベーションを手掛けていますが、リノベーションは、今のライフスタイルはもちろんですが、それと同じくらいこれからのライフスタイルも考えて行うことがとても大切です。

実際に株式会社 IMKで携わったリノベーションの多くは、将来を見据えて行うケースがほとんどで、その将来と言っても、5年先、10年先とそれほど遠くない将来を見据えたリノベーションの提案を行っています。

特に、中古物件と言われている経年劣化によって建物全体はもちろん、間取りや使用している床材、壁紙など時代を感じさせてしまう空間となっている戸建住宅やマンションなどのリノベーションを得意としており、既存の雰囲気とはまったく異なる雰囲気に仕上げることができます。

中古物件や中古マンションをリノベーションして販売したいという場合は、魅力的な空間づくりと、使いやすさにこだわったリノベーションを施したり、そこに住む年齢や家族構成を意識したイノベーション、ターゲット層を絞ったリノベーションなど様々な目的に合わせて行うことも可能です。

リノベーションは、古い和室を洋室に変更したり、細かく仕切られていたお部屋を広い空間にするといった大幅な改装を行うことになりますので、新築住宅やマンションを作る感覚でぜひ株式会社 IMKをご利用くださいね。

お問合せはこちらから

 

詳細はこちら

原状回復工事は信頼できる業者を選ぼう!

現状回復工事を行う必要になった時は、信頼できる業者を選んで利用するのがおすすめ。株式会社IMKは、これまで数多くの店舗や住居、オフィスなどの現状回復工事を行っており、依頼されたお客様からも満足頂いています。

現状回復工事とは、店舗やオフィスなどを賃貸で借りており、退去する時に入居前の状態に戻す作業や、アパートやマンションのオーナーでは、入居者が退去した後にキレイな初期の状態にする工事のことを言います。

現状回復工事として行われることの多い、クロスの張替えや床工事などは、とても重要となる工事で、現状回復を行う空間をイメージづける決定的なものとなってしまうため、丁寧な仕上がりはもちろんですが、長期間良い状態を維持することができるように、クロスや床材の選定から慎重に行う必要があります。

細かな部分にまで目が行き届く現状回復工事を行うことができる会社として株式会社IMKは、多くのお客様に支持されていますので、これから現状回復工事を行わなくてはならないという場合や、行う予定があるという場合は、ぜひ一度お問合せください。

お問合せをいただくと、どのような手順で行われ、現状回復工事にかかる期間や費用の概算など気になることにもお応えすることができますので、気軽にご相談ください。

 

お問合せはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く