リフォームのメリット

弊社では、業務の一つとしてリフォームを行っておりますが、今回はリフォームを行うことのメリットについて、皆様にお伝えできればと思います。

まず、リフォームをするのにそれほど費用は掛かりません。建物全部を作り替え乗るのではなく、修繕に必要な部分に限定して行いますので必要最低限のコストで済むことになります。

また、類似して工期が短く済むことも挙げられます。集中的に工事を行いますし、それほど大規模工事になることはめったにありません。短期間で終わりますので安心される方も少なくありません。

更に、リフォームをすることによって、家の機能が劇的に変化するということはありませんので、完成後の物件をおよそイメージすることが出来るという点では利点であると考えられます。

リフォームは比較的に費用対効果も優れているといえますので、もし気になる点があるようでしたら、一度ご相談だけでも構いませんのでご連絡お待ちしております。

株式会社IMKでは、内装工事・マンションリフォーム・原状回復工事を中心に業務をさせて頂いております。クライアント様に満足をして頂ける高品質な施工をさせて頂きますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

詳細はこちら

リフォームを行うタイミングとは?

弊社の業務の一つとして「リフォーム」がありますが、皆様はリフォームを業者に依頼されたご経験はありますでしょうか?まだ一度もしたことがないという方は、どのようなタイミングでリフォームを行うのが良いのかについて解説をさせて頂ければと思いますので、是非最後までご覧ください。

まず、物件というのは建てられてから時間が経てば経つほど、老朽化してしまいます。これは残念ながら避けられないことです。しかしながら、この老朽した物件を放置したままにすると、家の機能に一部支障が生じる場合があります。

こうしたダメージを防ぐためには、物件に対して適切な時期にリフォームを行う必要があります。このリフォームを行うタイミングについては、対象となる物件の構造や場所によって変わってきます。どのタイミングでどのようなリフォームを行えばよいのかについては、また別の機会にお話しさせて頂ければと思います。

株式会社IMKでは、内装工事・マンションリフォーム・原状回復工事を中心に業務をさせて頂いております。クライアント様に満足をして頂ける高品質な施工をさせて頂きますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

詳細はこちら

リノベーションを行う意義について

弊社では、業務の一つとして、リノベーションを行っております。しかしながら、「リノベーション」という言葉は比較的注目されてきた言葉でもありますので、どのようなメリットがあるのかどうかよく分からないという方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回はリノベーションを行う意義についてご説明させて頂きます。

・コストを削減できること

リノベーションを行うと、新しい物件を購入するよりも大幅にコストを抑えることが出来ます。

・イメージ通りに変更することが出来る

リノベーションによると、お客様の意見を反映して物件を作り変えることができます。

・見つける物件が増える

リノベーションありきで考えて頂くと、選択する物件の数が自然と多くなります。

上記のように、これからの暮らしをより柔軟なものにすることが出来るという点でリノベーションは大きな意味を持つといえるでしょう。

株式会社IMKでは、内装工事・マンションリフォーム・原状回復工事を中心に業務をさせて頂いております。クライアント様に満足をして頂ける高品質な施工をさせて頂きますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

詳細はこちら

リフォームとリノベーションの違いについて

弊社ではリフォーム業務とリノベーション業務をさせて頂いております。ところで、皆様はこの「リフォーム」という言葉と「リノベーション」という言葉は同じ言葉だと考えていらっしゃいませんか?これらは日本語で見るとカタカナで発音もなんだか近しい言葉であるように思いますが、意味は全く異なるものです。

前者の「リフォーム」という言葉は、修繕する・直すという意味があり、壊れたものを元に戻すというときに使われるものです。それに対して、後者の「リノベーション」という言葉は、修復する・新しい価値を与えるという意味があり、もともとあるモノに対して、別の新しい意義を作り出すような場合に用いられるものです。

言葉だけでは少し分かりにくいかもしれませんが、言葉だけ見ても全く違う意味になるということがご理解頂けましたでしょうか?

株式会社IMKでは、内装工事・マンションリフォーム・原状回復工事を中心に業務をさせて頂いております。クライアント様に満足をして頂ける高品質な施工をさせて頂きますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

詳細はこちら

④タイトルが入ります。タイトルが入ります。タイトルが入ります。

④本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。

詳細はこちら

メニューを開く